アスロング アジアンビューティ

艶やかな長い髪を保つ秘訣

 

アスロングと艶やかな長い髪を保つ秘訣

 

アジアンビューティの謎に迫る!

 

世界中から注目を集める「アジアンビューティ」の条件の中に、「艶のある長い黒髪」は高い比率を占めているようです。

 

日本人女性も同じように艶のある長い黒髪が定番だったのですが、グローバル化が進み生活のスピードが上がり忙しい毎日を過ごす現代では、長い黒髪の女性が段々と少なくなってきているようですね。

 

アジア諸国の女性は一般的に髪の長い方が多い印象を受けます、都市部の若者の中にはファッション誌やメディアの影響かドギツイ色に髪を染め、奇抜な髪型にしている方もいるのですが、農村部で伝統的な生活様式を守りながらユッタリとしたリズムで暮らしている地域では、長い黒髪の女性が非常に多いのを感じます。

 

物質的に恵まれているとはお世辞にも言えない生活環境で「艶やかな黒髪」を維持している事に驚き、お手入れ方法を聞いてみましたのでそれを紹介します。

 

 

アジア流ヘアケアの方法とは

 

色んな国で耳にした髪の手入れにはいくつかの共通点がありました。

 

ポイントは次に挙げる6つを挙げる方が多かったです。

 

  • 直射日光に晒さない。
  • こまめに洗髪する。
  • 洗髪にお湯を使わない。
  • シャンプーを使い過ぎない。
  • タオルドライをシッカリ行う。
  • ドライヤーを使わない。

 

ヘアサロンに行こうにも美容室もどきが有るくらいの田舎では日本でイメージするようなヘアケアは不可能です。

 

日常生活の中で自分が出来ることを気をつけているくらいの感覚なのでしょうね。

 

 

手間もコストも掛からないアジア流ヘアケア!

 

既に紹介した6つのポイントについて少し掘り下げてみます。

 

物質的にも金銭的にも恵まれていない一般的なアジアの庶民のヘアケア法です。

 

 

直射日光に晒さない。

 

暑いアジアの日差しの強さは強烈です。

 

一年中この強い日差しに晒されていると髪の色は抜けパサパサに痛みます、そんな環境下に代々暮らす現地の方たちは日向に出るときには、日傘をさしたり笠をかぶったりして極力直射日光を浴びないように気をつけています。

 

 

こまめに洗髪する

 

これも暑い気候に関係するのでしょうが、一日に何度も行水をして汗を洗い流しています。

 

私が汗をかいていると「水浴びなさい」と行く先々で言われます。

 

毎回洗髪しているわけではないようですが、日本人の感覚だと「頭洗い過ぎ」と感じるほど何回も洗っていることになりますね。

 

 

シャンプーを使い過ぎない

 

物質的に恵まれた環境でないからかもしれませんが、日本で配っているサンプルやトラベルキットの中に入っているような、袋入りのシャンプーを使う方が多いようです。

 

しかも一回使いきりではなく複数回に分けて使うようです。

 

 

洗髪にお湯を使わない

 

これ大きなポイントのようです。

 

「お湯を使うと乾いたときにパサパサになるから」との声が多いのには驚きましたが、一日に何度も水を浴びて頭を洗うのにお湯を使うのは髪へのダメージが強すぎるのかもしれませんね。

 

 

タオルドライをシッカリ行う

 

暑い上に湿度も高い気候なので濡れた髪のままでいることは良くないのかも知れません、雑貨屋や食堂に行くと髪の毛をタオルで包んでポンポンしながら水気を取りながら接客している女性を良く見かけます。

 

どうせすぐ乾くからと適当に頭を拭いて出た私を見ると「ちゃんと水ふき取りなさい、髪が汚くなるよ」と注意してくるので、皆さん意識しながらタオルドライを入念にしているようです。

 

 

ドライヤーを使わない

 

これは環境的な要因もあるのかも知れませんが、一般家庭でヘアドライヤーを見たことがありません。

 

代わりにタオルドライ後扇風機の風を当てている光景はよく目にします。

 

 

彼女達は美容室に行くことも稀ですし、他人に髪をケアしてもらうことはまず無いと思います。

 

伝統的なセルフケアを守り続けることで「アジアンビューティ」は受け継がれていくのですね。

アスロングトップ記事


アスロングシャンプー

アスロング徹底検証←トップ

アスロングオーガニックシャンプーの口コミや効果を紹介しています。最安値の調査、楽天かAmazonか?など様々な角度からアスロングを検証しています。