アスロング 髪や頭皮

その行為がNGだった!?髪や頭皮にダメージを与える行為とは?

 

アスロングのダメージ行為

 

普段何げなくしている事が髪や頭皮にとってはダメージを与えるものだったら…?怖いですよね。

 

しかし、私たちは普段の生活の中で意外と髪や頭皮にダメージを与える行為をしてしまっているものなのです。

 

ここでは、なるべくなら避けて欲しい髪や頭皮にダメージを与える行為をピックアップしてご紹介。普段の生活の見直しに、ぜひ役立ててくださいね。

 

 

髪や頭皮にダメージを与える行為とは

 

髪や頭皮にダメージを与える行為とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

 

パーマやヘアカラー

 

これは、誰しもがパッと思い浮かぶ髪や頭皮にダメージを与えるものかもしれませんね。

 

実際にパーマやヘアカラーは髪や頭皮に大きなダメージを与えているのです。

 

パーマは、化学的な薬品で、真っ直ぐだったり、クセのある髪の構造を無理矢理破壊して、髪の毛の形を変えてしまいます。

 

ヘアカラー剤も同様で化学的な薬品で髪に色付けをするものなので、どちらも髪や頭皮に与えるダメージは大きくなります。

 

女性にとっては、オシャレのためにパーマやカラーはある程度必要なものなのですが、頻繁にパーマやヘアカラーをするのは、髪と頭皮をいじめているようなものなのです。

 

 

不規則な生活やストレス

 

仕事や育児で忙しく過ごす私たちは、夜眠るのが遅くなったり、ストレスを抱えたりしがちです。

 

そういった生活は私たちの自律神経に影響を与えます。

 

自律神経はカラダの血管を広げたり、縮めたりしながら私たちのカラダの様々なバランスをとっている神経。

 

その自律神経が、不規則な生活やストレスなどで乱れると、血液の流れが悪くなり、頭皮に十分な血液がまわらず血行不良を起こしてしまいます。

 

血行不良を起こすと、細胞にも栄養がうまく行き渡らない事になってしまい、抜け毛などを引き起こしてしまうのです。

 

 

塗れた髪を自然乾燥させている

 

「ドライヤーは熱で髪を傷めそうだから…」と思って、シャンプー後の濡れた髪を自然乾燥させている方は案外多いのではないでしょうか?

 

しかし、塗れた髪を長時間そのままにしておくと、髪と髪がこすれあい、キューティクルがはがれやすくなってしまうのです。

 

キューティクルとは髪を外部刺激などから守り、ツヤを与えているもの。そのキューティクルがはがれてしまうと、髪のゴワつき・枝毛などを引き起こし髪にダメージを与えてしまうのです。

 

 

髪や頭皮に優しい生活を心がけよう!

 

どうでしたか?パーマやカラーリングが髪や頭皮にダメージを与える事は知っていても、不規則な生活・塗れた髪の自然乾燥なども髪や頭皮にダメージを与えるというのは意外だった方も多いのではないでしょうか?

 

髪と頭皮のためにも、規則正しい生活は大切ですし、髪を乾かす前にしっかりとヘアオイルを毛先などに付けて、短時間でドライヤーを済ましてしまえば、ドライヤーの熱もそこまで気にするものではありません。

 

そして、毎日のケアに伸びる成分と、髪にツヤや元気を与える天然エキスなどが配合されたアスロングはいかがでしょうか。

 

髪や頭皮に優しい生活とアスロングのケアで、元気で美しい髪と、頭皮を手に入れてください。

アスロングトップ記事


アスロングシャンプー

アスロング徹底検証←トップ

アスロングオーガニックシャンプーの口コミや効果を紹介しています。最安値の調査、楽天かAmazonか?など様々な角度からアスロングを検証しています。