アスロング くせ毛

酷いくせ毛はシャンプーとヘアアイロンを使いこなす

 

酷いくせ毛はシャンプーとヘアアイロン

 

全体的にうねってしまう、雨が降るともう憂鬱、サラサラのストレートヘアにあこがれる…。

 

こんな方も多いのではないでしょうか。くせ毛は正しいシャンプーとヘアアイロンの使い方を理解することによってある程度コントロールすることが出来ます。

 

くせ毛と上手く付き合っていくポイントをお伝えします。

 

 

正しいシャンプーの使い方

 

ストレートヘアーを作る時に洗い流さないタイプのトリートメントやミストを使用することにより、髪の毛が適度に保湿され全体的にまとまりがよくなります。

 

しかしトリートメントは使いすぎるとべたべたに。そこでまずはきちんと髪の毛を洗い、頭皮や髪の毛の表皮をきれいにすることによりトリートメントが活かせる髪質になります。

 

具体的な方法として、まずは入浴時身体をよく温めます。洗髪するまえに湯船に入れるのが理想です。身体全体が温まることにより頭皮の汚れもふやけ、汚れが落ちやすくなります。

 

シャンプーをする時はまず髪の毛全体を良く濡らします。十分に水分を含んだらシャンプーをつけます。この時すぐに髪の毛になじませるのではなく、少量シャンプーの上に水分を足すようにします。

 

そうすると髪の毛の水分だけでは泡立ちきらないシャンプーも良く泡立つようになります。ここからは普通に洗髪。しかし気をつけなければならないのは「頭頂部」つまりつむじの部分をよく洗うこと。

 

ストレートヘアは頭頂部がとてもよく目立ちます。それと同時に汚れやすい個所でもあります。

 

一番目立つ場所なのでしっかりと洗いましょう。

 

洗髪の後はトリートメントは使用します。

 

後ほど洗い流さないタイプのトリートメントを使う場合には残しすぎないようよくすすぎますが、何も付けない場合にはほんの少し髪の毛がしっとりするくらいトリートメントを残しておきましょう。

 

頭皮にヘアトリートメントが残るとフケの原因になりますのでどちらの場合も頭皮はよくすすぐようにしてください。

 

 

ヘアアイロンを使って髪の毛を伸ばす

 

十分に洗髪が出来たら次はヘアアイロンの出番です。ヘアアイロンを使う時はよく乾いた髪の毛で使用すると伸びやすいです。

 

タオルドライの後ドライヤーを使用し、髪の毛を乾かす。その後2時間ほどおき、しっかりと乾燥させると良いです。

 

ドライヤー直後の髪の毛は熱がこもり、頭皮に感じることがないくらいですが少量の汗をかきやすいです。そこでヘアアイロンを使用してしまうとせっかく伸ばした髪の毛も頭皮の湿気からまたうねってしまうことも。

 

そのためしっかりと髪の毛だけでなく頭皮も乾かし、水分がこもっていない状態を作りましょう。

 

髪の毛がしっかりと乾いたらヘアアイロンを使用し、髪の毛を伸ばしていきます。

 

必ず前髪・両サイド・後頭部の4つのブロックに分けます。さらにそのブロックを2センチ幅のブロックに分け、下のブロックから順番に伸ばしていきます。

 

時間はかかりますが少量ずつ行うことで全体に熱が入りきちんと髪の毛が伸びます。

 

このようにして髪の毛全体にアイロンをかけ、サラサラストレートヘアの完成です。

 

慣れないうちはヘアセットだけに1時間ほどかかってしまうかもしれませんが、少しずつ要領を得てくると40分ほどで出来ます。

 

しっかりとアイロンで伸ばした髪の毛は1日中癖が出ることがありません。特に癖の強い方は洗い流さないタイプのトリートメントやスチーム式のヘアアイロンを使うと髪の毛がまとまりやすく効果が持続します。

 

くせ毛でもあきらめることなくストレートヘアに挑戦してみてください。

アスロングトップ記事


アスロングシャンプー

アスロング徹底検証←トップ

アスロングオーガニックシャンプーの口コミや効果を紹介しています。最安値の調査、楽天かAmazonか?など様々な角度からアスロングを検証しています。